ミノタブの服用で気をつけたいこと

薬の画像

ミノタブとは、ミノキシジルを主成分とした内服薬でミノキシジルタブレットのことです。

ミノタブは毛の細胞に直接働きかけ、血行を促進する作用があります。そのため、育毛効果が高いと有名なお薬です。塗り薬もありますが、内服した方が身体に吸収されやすく効果的。

内服薬は効果を得やすい半面、副作用も現れやすいという欠点あります。適切な薄毛治療をするために、副作用・用量を確認しましょう。

血圧の低下による症状
ミノタブの副作用には、立ちくらみ・めまい・ふらつきなどの症状があります。これは血圧を下げる作用によるもの。

ミノタブの主成分(ミノキシジル)は、高血圧患者に対して使う降圧薬として生まれました。そのため、人によっては必要以上に血圧が下がってしまうんです。

薄毛を治したくて治療薬を飲んだのに、副作用に苦しめられるのは避けたいですよね。副作用のリスクを抑えるために、用量を守って服用しましょう。

「たくさん飲めば早く生える」は間違い
ミノタブの服用は、、1日2.5mg〜5mgで最大10mgです。それ以上の服用は、重篤な副作用を引き起こす可能性があるので止めましょう。

中には「たくさん飲めば、毛が早く生えるのでは」と考える人がいるかもしれません。しかしそれは間違いです。

なかなか効かないからといって多量服用すると、副作用のリスクを高めるだけ。

薬が効いていないように感じても、治療薬の効果が表れるのはゆっくりなのですぐに判断するのは難しいものです。

「自分の適量が知りたい」という方は、1度専門医に相談してみるといいでしょう。適量を守って、身体に優しい薄毛治療を心がるのが大切です。