ミノキシジル試すなら、塗り薬より飲み薬!

暗闇で男性が手で顔を覆っている様子
薄毛の治療で知っている方も多い「ミノキシジル」は、頭皮に塗る外用薬と直接飲む内服薬の2種類あることをご存知でしたか?
一般的に知られているのが、外用薬の「リアップ」ですが、実は内服薬の方が効果は期待できるんです。
ではどうして、飲み薬の方に効果が出るのでしょうか?検証していきましょう。

●飲み薬の方が効果は高い
ミノキシジルは、直接頭皮に塗るタイプより飲むタイプの方が内側から聞くので、効果が出やすいとわれています。
「副作用は大丈夫なの?」と心配される方もいますが、どんな薬にもリスクはつきもの。
もともと降圧剤として開発されたお薬なので、内服薬だと全身に副作用がでる恐れがあります。
外用薬だと塗った部分に副作用がでるので、もしでた場合は使用を中止して下さい。どちらを選んでも結局リスクがあるなら、効果がでやすい方がいいと思いませんか?
また長期的な服用で効果がでるので、継続が大事ですが毎日頭皮に塗るのは面倒という方もいます。
飲む方が楽で続けやすく、長期の使用が簡単にできるんです。

●ミノキシジルは卒業できる
ミノキシジルは、発毛を促進するためのもの。血行を良くし、栄養や酸素を行き届かせ頭皮環境をします。
頭皮環境が改善された状態が定着すれば、辞めても大丈夫なんです。
効果出るのに時間はかかりますが、ずっと使うお薬ではありません。いつかは卒業できるので、それまでの間なら続けられると思いませんか?
まずは、試してみてください。

まとめ
ミノキシジルを使用することで、頭皮環境が良くなれば薄毛で悩むこともなくなります。
「いつもは人の目が気になって外出が減った」とい方や、「帽子やワックスでごまかしていた」という方はぜひ試してみてください。
早めに行動することが、早期改善につながります。薄毛を治療して、悩みのない生活を送りましょう。